スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選出比と目標勝率

メガボーマンダメガゲンガー

主にメガゲンガーについて。


2100達成に欲しい勝率を60%そこそこ、その上を目指すなら60%台後半が欲しい。

裏軸のメガ枠に「催眠術」ゲンガーを採用する場合。

「催眠術」が1発当たれば勝ち、外れたら負けに直結するポケモンと仮定して考える。(実際は催眠を撃たない対戦や複数回撃つ対戦があるが、とりあえずそれぞれ相殺するとして)

メガ枠の選出比が1:1の場合、まずゲンガー選出時の勝率は60%なので、表メガの選出時の勝率が70%のとき全体勝率が65%。
これだと少し物足りない上にゲンガー命中率による振れ幅が大きい。

選出比が6:4の場合、ゲンガー選出時の勝利は全体の24%、表メガの勝率が70%のとき全体勝率が66%。
これでようやく60台後半と言えるレベル。

選出比7:3の場合、ゲンガー時18%、表勝率70%で全体勝率が67%。
この辺りが目標としたいライン。



プレイヤーとしてやるべきことは極力表メガ枠を選出できるように組み、勝率を上げる。ゲンガー選出時には「催眠術」の施行を1回以下で済ませるプレイングと構築にすること。それで補えない部分は運に委ねる余地がある。



そもそもの意識として30%でワンチャンス云々と言いながらドリュウズを使っている人間にとって、60%ないし40%ほどの勝ち筋が残るポケモンというのは十分評価に値する。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

砂かき

Author:砂かき
Twitterよりは具体的に。メインブログよりは抽象的に。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。